V系ブログ

TESTAがV系情報などを記載しているブログ。Twitter ID→playsdolls

20171105055855

DEZERT/撲殺ヒーロー 感想・レビュー

youtu.be
「撲殺ヒーロー」通常盤
1. 幸福のメロディー
2. ヘドロママ
3.「Hello」

2017.10.25 RELEASE / ¥1,296 (Tax in) / SFG-007


「撲殺ヒーロー」初回限定盤
1. 幸福のメロディー
2. ヘドロママ
3.「Hello」
4.「遭難」-piano ver-

2017.10.25 RELEASE / ¥1,620 (Tax in) / SFG-006

 

幸福のメロディーは「生きるための苦しみや痛み」を「生きているから傷を感じることが出来るわけだから、それは幸福なんだ」という逆説的な意味の曲なのかも。

ヘドロママはヘドロ=悲しみや醜さ、ママ=救ってくれる人(自分自身を救うのは自分しかいない)と捉えて聴くと面白いかもしれません。ヒーローという言葉も登場するので撲殺ヒーローの中核の曲だと思います。「千秋を救うツアー」というのライブタイトル意味は、ライブをすることで千秋さん自身が救われるということの意味なのでは。

「Hello」はMVにもなっていますが、DEZERTが活動することで誰かを救いたいと言った気持ちの表れを曲に感じました。CDのタイトルは「撲殺ヒーロー」ですが、実際には撲殺することはしなくてジャケットのキャラクターが手に持っているアイスクリームをファンに差し出して皆のヒーロー的なアンパンマンのように皆を救う曲だと推理出来ました。

「遭難」-piano ver-は2014年に会場限定で発売された『僕の「誤解」と右折禁止のルール違反』に初収録された「遭難」のピアノverですが、ピアノとも合ってる曲だと思います。通常のライブでは演奏する可能性は低いですが今後のアコースティックライブなどのイベントでも聴けるかもしれません。DEZERTがD'ERLANGER TRIBUTE ALBUMでカバーした「MOON AND THE MEMORIES」並みの収録時間の長い曲になっています。

 

- - - - -

 

広告を非表示にする